ストレス社会の現代では、男性ホルモンが過剰分泌され、多毛症に悩む女性も多いようです。
また、今や男性も清潔感が求められる風潮になり、身だしなみの手段として、男女ともに永久脱毛をする方が増えているようです。

ところで、案外知られていないのですが、「永久脱毛」の定義をご存知でしょうか?
米国電気脱毛協会によると、「永久脱毛」とは脱毛が終了した後、1ヵ月後に毛の再生率が20%以下である」こととされています。

また、厚生労働省の定めにより「永久脱毛」は皮膚科、美容外科、病院、クリニック等の医療機関でしか行えないことになっており、
エステサロンなどの医療機関以外の永久脱毛は違法行為になります。

では、「永久脱毛」とはどういった方法なのでしょうか?以下に簡単に説明します。

毛の構造は表皮から上の部分を「毛幹」、表皮より下の部分を「毛根」と言い、「毛根」の一番下の膨らんだ部分「毛球」の先端部
にある「毛乳頭」となっております。この中でも「毛乳頭」が毛の成長・発生を摩る部分なので、ここを破壊しなければ、いくら脱
毛しても繰り返し発毛してしまのです。
「永久脱毛」はレーザーでこの毛根・毛乳頭を完全に破壊する方法です。

エステサロンで行われる脱毛、「光脱毛」「フラッシュ脱毛」で使用する機器は出力が弱いため、脱毛効果が弱く、永久脱毛とは言
えません。

また、一度の効果が低いため、何度も施術を繰り返すことによって火傷などの肌トラブルや訴訟も多発しているようです。

安全で効果的、そして確実な脱毛をするのなら、安いエステサロンや宣伝・広告に惑わされず、きちんとしたクリニックで医療レー
ザー脱毛を受けることをお勧めします。

今回は名古屋で高品質で効果的な医療脱毛が受けられる「湘南美容外科クリニック 名古屋院」について紹介させていただきます。

■湘南美容外科クリニック 名古屋院

湘南美容外科クリニックの医療脱毛レーザーの特徴は、最新の機器「アレキサンドライト」で、従来の機種に比べて照射範囲が広く
、太く濃い毛にも効果的です。

また、施術1回の効果が高いので、施術時間や通う頻度もかなり少なくて済みます。(個人差がありますがエステの1/3ほどです。)

初心者の方には随時「無料カウンセリング」や初回限定の「プライスオフ」のキャンペーンもあります。ご興味がある方は一度、見
学や相談されてみてはいかがでしょうか?

<湘南美容外科クリニック 名古屋院へのアクセス方法>

JR名古屋駅ユニモール14番出口を出て、すぐ正面のビル(1階に資格の大原が入っています)に向かって右側に道があるので、
その道に入り、5mほど進んだところにある「名駅前緑ビル7階」になります。

冬になっても脱毛のキャンペーンって実は多いんです。
長袖、タイツだとムダ毛がうっかり生えていても気づかないのですよね。
だから冬に脱毛なんてやっても意味ないのではって思ってしまいます。
しかし、理由があるんです。
「夏になって水着を着るときになったら脱毛しよう!」
というのでは遅いからなんです。

サロンでの光脱毛でも、クリニックでの医療脱毛でも、脱毛を行うのはだいたい
2~3ヶ月毎です。
それは毛の生えてくるサイクルに合わせて行っているからなんですね。

毛の生え変わるサイクルを毛周期と言いますが、
大きくは成長期、退行期、休眠期に分かれられます。
そして、脱毛の処理をした時に毛根に影響を与えられるのが、主に成長期の毛、そして退行期の毛なんです。

脱毛処理をすると処理をした毛根はダメージを受けていますので2~3週間で、ポロポロと抜け落ちます。
しかし、1度だけの処理ではその時休眠していた毛根はダメージを受けていません。
そのため、しばらくたつとまた毛が生えてきます。
この時が2回目の処理のタイミングです。

このように、毛が生えてきたころを見計らって処理を行い、毛根を破壊もしくはダメージを
与えていくことで脱毛効果が得られます。

医療脱毛だと毛根を破壊しますので脱毛効果が高く、3回程の処理で、なんとなく
毛が細く生えにくくなっていたかな?なんて感じることができるようになります。
生えにくくなってきたら脱毛処理の間隔を少しあけるものなんですが、
例えば4サイクルの施術を2.5か月毎に行うと、6ヶ月かかることになります。
つまり、11月から脱毛を始めると3回目が終わるのが6月位、12月から始めると7月に
なってしまうんですね。

しかも、脱毛したてのお肌は非常に敏感になっているので、落ち着くまでは日焼けができません。
だからこそ、夏につるすべお肌になりたいのであれば、その時から逆算して、
脱毛を開始する時期を考えると、秋~冬がベストなんですね。
さらに、この時期は紫外線量が少なくなり、皮膚のメラニン色素が少なくなっている時期なので、
脱毛の際の肌へのダメージがより少なくなるというメリットもあるんですよ。

脱毛による後遺症とは

| 名古屋 |

せっかく脱毛サロンや、クリニックに行って医療脱毛をしても
肌トラブルがあったりしたらいやですよね。
せっかく綺麗になるために行ったのに後遺症が出てしまっては大変です。
特にクリニックでの医療脱毛はムダ毛が生えてこないように毛根を破壊するほどの
熱エネルギーをレーザーによって加えますので、後遺症には気を付けなければなりません。
もちろんエステでの脱毛も同様ですよ。

一番よくある症例が、ヤケドです。
レーザーを照射した後に火傷の症状が出てしまうことがまれにあります。
もちろん医療脱毛では医師がいますので火傷の症状が出てしまっても適切な処置をしてくれます。
ただ、普段切り傷を作ったりしてケロイド状になりやすい人は気を付けた方がよいでしょう。
火傷した部位が治ってきたときに、剥けてきた皮を自分でひっぱって取ってしまうと、
それこそ痕になりかねません。

レーザー脱毛での火傷は火傷の分類でも一番軽いⅠ度で、表皮だけの紅斑を伴う火傷とされています。
血管の拡張や充血が起こりますので痛みや患部が熱を持ったように感じられることがありますが、
基本的には数日で治るものです。
ですので万が一火傷の症状が出てしまっても医師の話をよく聞き、
適切なケアを心がけていれば心配はないでしょう。

そして、脱毛による火傷の患部に色素沈着が起きてしまった場合です。
色素沈着は、肌に何らかの刺激をうけることによって、
表皮にある色素細胞からメラニン色素が分泌されそれが表皮や真皮に沈着してしまうことでおこります。

人間つまり哺乳類の皮膚には防御機能があります。
何による刺激を防御するのかというと紫外線です。
メラニンを分泌して表面の色素を濃くすることで紫外線の侵入を防ごうとするのです。

この状況が脱毛によるレーザー等の熱傷でおこります。
肌は外から来た刺激から防御しようとしてメラニンを生成するのです。
でも、基本的には分泌されたメラニンも肌のターンオーバーで、
古くなった皮膚と共に捨てられ徐々に消えてしまいます。

しかし、火傷の部分が治っていないのに日焼けをするなど肌に更なる刺激を与えてしまうと
肌のターンオーバーが狂ってしまい、色素沈着が消えないことになってしまいます。

脱毛後のお肌は非常に傷つきやすくなっています。
日焼けなど日々の生活の中で気を付けなければならないことは施術後に必ず説明がありますので、
医師やスタッフからよく聞いて必ずまもりましょう。

脱毛すると毛が濃くなるという症例はまれにあります。硬毛化といいます。
理由は解明されていないのですが、背中や二の腕などのように比較的毛が細く、
メラニン色素が薄い部位に多いようです。

脱毛処理による光や熱の刺激によるものであると言われています。
誰にでも起こるわけではありませんが絶対にあなたには起こりませんとは言い切れません。
ただ、なりやすそうな毛質というのはわかってきていますので、
カウンセリングの時になりやすそうだと判断された場合は医療脱毛であれば医師と
サロンであればスタッフと脱毛方法をよく検討した方がよいでしょう。

処理を続けていれば硬毛化が起きたとしてもいずれ脱毛は完了します。
ただ、処理回数は増えてしまう可能性がありますので、これからサロンやクリニックで
脱毛をされる方は頭の片隅にでも記憶しておいた方がよいでしょう。
カウンセリングでも必ず説明がありますので、もし説明がなされなかったとしたら、
そのサロンやクリニックは大丈夫なのか?と疑った方がよいかもしれません。

そして実際に毛が濃くなってしまったらですが、クリニックやサロンにもよりますが、
脱毛の機器を変えたりしているようです。
脱毛の機械にも種類やメーカーによる違いがあります。
人それぞれ毛質は異なりますから効果的な波長や機械が皆同じということはないのです。
試行錯誤を重ねていくしかないのかもしれません。
また、少し脱毛をお休みすることで元に戻るということもあるようです。

いずれにせよ、医療脱毛でも脱毛が完了するには1年~2年程度かかってしまうものです。
サロンでの脱毛は毛根にダメージを与えて毛周期を変化させ、脱毛を促すものなので、
さらに時間がかかってしまうこともあります。
ある程度のスパンを考えて脱毛は行うものですので、サロンやクリニックとは
それなりに長い付き合いになります。
脱毛処置の過程でトラブルがあった時に親身になってくれる
サロンやクリニックを選ぶことが重要です。
参考:脱毛クリニックの選び方

名古屋のプチ情報

| 名古屋 |

私の年になると友人やら先輩やらの結婚式が増えるのですが、先日生まれて初めて、
愛知県名古屋市に行ってきました。

高校の友人が名古屋に嫁いだからなのですが、名古屋の結婚式、すごかったです。
名古屋の結婚式が派手というのは割と有名なことだと思うのですが、
私は名古屋が地元のお嬢さんが嫁いでいく時に結婚式が派手だったり、
婚礼の支度品が豪華なのだと思っていました。
しかし、名古屋に嫁いでいくときも結婚式は名古屋で行われる以上派手なんですね。

まず、品のない話なのですが、引き出物が多くて、驚いてしまいました。
最近、カタログ系が多いですよね。でも彼女の結婚式で私はカタログのほかに皿、
グラス、バームクーヘンとたくさんいただいてしまい、ご祝儀はちゃんと包んだものの、
なんだか申し訳なくなってしまいました。

式が終わってからこそっと興味本位で友人に話を聞くと、
名古屋では割と普通な方なのだそうです。

もちろん最近の若い人の式では現代風にカタログが主流となりつつあるようですが、
今回、友人のご主人が14歳年上なのでどうしても親を含め相手の親族が年配の方が多く、
それに配慮をしたのだそうです。

式場の装置も凝っており、光り輝く階段から新郎新婦が表れ、スポットライトを
浴びた様子はまるで芸能人のステージのようでした。

自分に置き換えて考えるとちょっと恥ずかしいような気もしますが、
一生に一度と考えると、これほど派手に人前に登場することなんてこの先ありませんし、
やってみたい!と思ってしまいました。
友人のお色直しも3回あり、彼女はほとんど何も口にできなかったのではないでしょうか。

結婚した友人は名古屋の大学に進学し、名古屋が地元の旦那さんと知り合いました。
大学の4年間と社会人生活6年強、10年以上も名古屋にいるので、本人はすっかり
名古屋の気風になじんでいて、実は少しさみしかったです。

昔は「名古屋で娘が3人いたら家が傾く。」とか「嫁をもらうなら名古屋から。」
とか言われたようです。結婚式や婚礼品にお金をかける様から言われたようですが、
友人の結婚式に出て、派手な結婚式もいいものだと感じました。

それはお金をかけることがいいという意味ではなく、そのように慶事なのだから
盛大にやろうじゃないかというような太っ腹な気風を感じられたからです。
正直、本当にイベントのようで楽しめたというのもあります(笑)

今度、名古屋に来る時は名古屋の方の人柄をもっと感じられるように
ゆっくりと街並みを楽しみながら散策したいと思いました。